研究内容

本研究室は,主として外界刺激(ストレス)に対する生体応答・情報処理の生理学的・生体工学的解析を行っています.特に,身体運動や加齢などに対する運動器(骨格筋,血管)の生体調節や可塑性に関しての研究を進めています.例えば,不慣れな激しい運動を実施すると,筋肉痛や筋組織の構造的な損傷が生じることが知られていますが,このとき生体はどのように応答し,適応するのでしょうか? このような課題に対して,生理学や生体工学的な手法を用いて解析し,その現象やメカニズムを明らかにしようとしています.

研究課題:バイオイメージングによる筋細胞の制御機構の解明/小動物を用いた筋損傷モデルの開発/筋損傷診断装置の開発/微小循環動態の機構解明/酸素環境に対する生体の適応 etc



News 2018.06.07

2018.05.29-06.3
アメリカスポーツ医学会への参加
2018 ACSM annual meeting in Minneapolis

Effects of lactate administration on intracellular pH and contractile performance during rhythmic muscle contractions. Yoshinori Tanaka, David C Poole and Yutaka Kano.

Type I diabetes suppresses intracellular calcium ion influx by heat stress in rat skeletal muscle. Ryo Ikegami, Hiroaki Eshima, David C. Poole and Yutaka Kano.

Skeletal Muscle Microvascular Permeability After Eccentric Contraction-Induced Muscle Injury: Novel Insights Using In Vivo Imaging Using Two-Photon Laser Microscopy. Kazuki Hotta, Brad J Behnke, Kazuto Masamoto, Rie Shimotsu, David C Poole and Yutaka Kano.


2018.04.20
論文の採択
Journal of Applied Physiology.
Microvascular Permeability of Skeletal Muscle After Eccentric Contraction-Induced Muscle Injury: In Vivo Imaging Using Two-Photon Laser Scanning Microscopy
Kazuki Hotta, Bradley Behnke, Kazuto Masamoto, Rie Shimotsu, Naoya Onodera, Akihiko Yamaguchi, David Poole, and Yutaka Kano.
ポスドク研究員の堀田氏を中心とした研究プロジェクトです.2光子レーザー顕微鏡を用いて運動誘発性の筋損傷とその回復プロセスを微小血管の形態・機能から明らかにした論文です.血管透過性の評価とVEGF発現との関係について明らかにしています.

H30年度 研究室 始動!
ポスドク3名,大学院生6名,学部生4名,研究生1名で今年度もスタートしました.


星野研究室のメンバーと合同写真

最新情報&更新情報